オシンコシンの滝の所要時間とアクセス方法は?売店や駐車場の情報も

 

北海道にあるオシンコシンの滝をご存じですか?

 

一体どんな滝なんでしょうか?

 

オシンコシンの滝の名前の由来や所要時間(アクセス)、売店の情報など、周辺の観光スポットやオススメグルメなど、行ってみたくなるオシンコシンの滝を紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

オシンコシンの滝はどんな滝?

 

 

オシンコシンの滝は北海道斜里郡斜里町のチャラッセナイ川の河口付近にある滝で、標高70m、落差50mで分岐瀑。

 

日本の滝100選に選定されています。

 

源流は知床半島の中央部に位置している遠音別岳西側斜面にあります。

 


オシンコシンという名前の由来は、アイヌ語で「川下にエゾマツが群生するところ」を意味する、「オ・シュンク・ウシ」が変化したものだと言われています。

 

ちなみに滝が掛かっているチャラッセナイの由来は同じくアイヌ語で「チャラチャラ」流れる川からきています。

 

知床半島位置の大瀑で、観光名所となってからは滝の2つの流れから「双美の滝」とも称されています。

 

知床八景の一つとしても知られていて、国道沿いにあることから観光バスが立ち寄ることも多く、観光客の多い滝といえるでしょう。

 

オシンコシンの滝へのアクセスや駐車場など

 

まずは空港から知床までの道のりですが、女満別空港からだと、レンタカーの場合は2時間15分ほどの道のりになります。

 

バスだと、斜里バス知床エアポートライナーに乗車するか、網走バスでJR斜里駅まで行き、そこから斜里バスに乗り換えて向かいます。

 

釧路空港からだと、レンタカーで3時間半ほどの道のりになります。

 

バスの場合は釧路空港からの路線バスでJR釧路駅に向かい、そこから釧路本線でJR知床斜里駅まで向かい、そこから知床の路線バスで向かいます。

 

上記でも紹介した通り、国道の道沿いから駐車場があり、そこからオシンコシンの滝までもそんなに遠くないということでした。

 

 

駐車場はバス35台、乗用車35台が止められる様になっていて、車いすにも対応したトイレもあります。

 

売店もあるようなので、本当に観光地という感じですね。

 

滝は中程の高さまで階段で上がることができ、とても迫力があります。

 

また、滝の上に展望台があり、この展望台からはオホーツク海や知床連山を遠望する事ができ、特に流氷の季節は絶好で、見渡す限りの白い海原見ることができます。

 

オシンコシンの滝の売店

 

オシンコシン館

 

こちらの売店にはお土産物がいろいろと売っているようです。

 

ヒグマ、エゾジカ、アザラシ、トドの肉の缶詰や、知床の民芸品などがあります。

 

店内ではいももちや、イカ・海老のすり身団子などの揚げたてを楽しむことも出来ます。

 

この売店で一番人気はサーモンチップだそうです。

 

鮭の身を乾燥させ薄くのばしたもので、お酒のお供にオススメです。

 

他にもオシンコシンの滝ならではの堅焼きせんべいなども販売されているので滝を訪れた記念に立ち寄りたい売店です。

 

オシンコシンの滝の周辺の観光スポットや施設は?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

オシンコシンの滝の周辺は他にも自然いっぱいの観光スポットが沢山あります。

 

いくつか紹介していきたいと思います。

 

まずは知床五湖です。

 

 

こちらはオシンコシンの滝と同じく知床八景の一つで、世界自然遺産知床随一の観光スポットとして知られています。

 

是非こちらは訪れてみたいスポットの一つです。

 

ゆっくりと観光したい方は知床五湖をガイド付で巡るネイチャーツアーがオススメです。

 

他にも熊よけの電気柵で囲われた道で知床一湖まで散策するというコースです。

 

続いてはウトロ温泉です。

 

 

こちらは街並みの背後に高台があり、オホーツク海が一望でき、特に夕日が美しいと言われています。

 

知床半島最大の温泉街で、ホテルは高台と海沿いの2カ所に分散しています。

 

流氷の季節は海沿いのホテルがオススメで、流氷ウォークなどのアクティビティが充実しています。

 

オシンコシンの滝を見に行った際はこちらの温泉街で宿泊もオススメですし、日帰り温泉などもあるので、ふらりと立ち寄ってみるのもオススメです。

 

他にもお土産を買ったりするのに立ち寄りたいのが、道の駅うとろ・シリエトクです。

 

国道334号沿いにあり、こちらで観光案内や宿泊施設、飲食店の情報なども調べることが出来ます。

 

レストランでは鹿肉バーガーなど変わり種なメニューや、ウトロ漁協の直売店があり、地元の海産物が販売されていたり、新鮮な魚介類を使った料理なども楽しめます。

 

お土産はスイーツから加工品まで種類が豊富に揃っていて、ここ一件でお土産はまかなえそうです。

 

最後にオススメが、知床観光船です。

 

いくつか観光船が出ているようで、その一つが知床観光船おーろらです。

 

人を寄せ付けない原始境を眺める事が出来ます。

 

200mもの切り立った断崖や、回転木馬のように現われる奇妙な形の海食洞などを見ることができます。

 

大きな観光船なので揺れが大きくなく、子連れの観光にオススメです。

 

運がよければヒグマやイルカなどに会うことができますよ!

 

オシンコシンの滝のおすすめグルメは?

 

まずは上記で紹介した観光スポット、知床五湖にあるレストハウスです。

 

こちらでは鹿肉バーガーや、薄青い色の網走流氷ドラフトビールというものがあり、そちらもオススメだと言うことでした。

 

そしてスイーツ好きな人にお勧めなのが、コケモモソフトクリームです。

 

綺麗なピンク色をしたこけももという実を使ったソフトクリームだそうです。

 

とても珍しいのでこちらで食べておきたいグルメです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください